2月7日:ほんのちょっとプチリニューアル。

最近買ったマンガあれこれ。

そういえばあんましマンガのことブログに書いてないなーと思い、今月買ったマンガの話とか。

何やら最近原先生のスキャンダルであーだこーだと騒がれていて正直モヤモヤ中。あとがきとかで家族のことを書いてたりしてたから家族思いの先生だなぁーとか思ってたらこのザマだ…。でも続きが気になるから毎週毎週YJ立ち読みしちゃうんですがね。く、くやしい…!ビクンッビクンッ!

59巻は長かったギョウ(漢字変換が出てこなかった…)攻略戦がようやく終結。巻数にしたら14巻分みたいでホント長い…(;´∀`)前の巻(58巻)の瀕死の信を羌カイ(漢字変換が略)がオカルト要素みたいので生き返らせた下りはイランと思う…。それこそただのとんでもファンタジーになってしまうしね…。
そしてこっちもようやく主人公の信が将軍になって「李信」の誕生!名字の付け方が安直すぎたのは信らしいが。


将軍昇進後にだいぶイメチェンした蒙恬。信はちっとも変わってないのに蒙恬の変わりっぷりには驚いた。あれ?王賁はどうだったんだっけ…。

++++++++++++++++++

もう一冊はコミックエッセイですね。中国嫁日記シリーズは2年ぐらい前から読んでるのだが、実は新巻も実に2年振りだったりする。本編…というよりお子さん誕生のスピンアウトですが。
ここ最近は経済マンガの方がメインだったからようやく本家の方が読むことができてすごく楽しみでした。

描き下ろしの方は家(マンション)購入の話になっており、本編(ブログ)にも載ってなかった話だったのでこちらも新鮮で楽しめました。

本編ブログはこちら↓


中国嫁日記を購入するときはとらのあなの購入特典マンガが読みたくてとらのあなで購入(ネットで注文)していますが、今年になってからとらのあなの店舗の閉店の数が酷い…。コロナの影響ってここまで及ぼすものなのか…。(ちなみに宇都宮にもとらのあながありましたが、気がついたら1年半~2年で閉店していた罠。コロナ前の話だけど、立地が悪かったんだよなぁ…。ヲタビルより少し遠いし…)

タイトルとURLをコピーしました